ビジネスの場で活躍するインターネット TOP > インターネット > インターネット情報を鵜呑みにしない注意も必要です

インターネット情報を鵜呑みにしない注意も必要です

インターネット社会になり、いつでもどこでも簡単に調べものができるようになりました。
キーワードを入れて検索するだけですからね。
ですが、インターネット上の情報は、誰もが発信できるものです。
よって、その情報が必ずしも正しいとは限らない、ということに注意して下さい。

最近、「新入社員がwikipediaだけ見て資料をまとめてきた」なんて話をよく聞きます。
Wikipediaは確かに、辞書代わりに非常に便利なサイトですが、
ご存知の通り、これもまた誰もが内容を記載することができるサイトです。
正しいことも書かれていますが、それと同じくらい間違った情報も載っているようですよ。

このように、インターネット上にあるたった一つの記載を鵜呑みにしないためには
どうすればよいでしょうか。

まずは、インターネット上で複数のサイト・情報を確認しましょう。
インターネットの情報がいつも正しいとは限らないとはいえ、複数のサイトに記載されていることは情報の正確性が上がります。
それから、調べたい情報の専門家(メーカーやその情報についてのサービスをしている会社等)の
サイトで知識で調べることは、比較的信憑性の高い知識を得ることができるといえるでしょう。
また、インターネットで大体のことを調べておいて、本などのインターネット以外のツールでも調べるというのも良いですね。

いずれにせよ、インターネットで仕入れた情報は、裏をとることが大事です。
インターネット上の情報を上手く活用しましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ビジネスの場で活躍するインターネット All Rights Reserved.